札幌の家庭教師の評判|2ch情報まとめ

家庭教師への評判や口コミの真偽はともかく、オブラートに包まれていない率直な意見を聞けるのが2ch。 しかしあそこは情報が見難い!ということで自分のためにも真実味が高そうな意見だけを調べてまとめてみました。

2人同時に家庭教師をするのは面白い

普通、家庭教師といえば、1対1でやるものですが、2人同時に行うのも面白いかもしれません。
しかし、この方法はどういう2人なのかで家庭教師の手腕が問われることになり、うまくいく場合と、お互いの足を引っ張り合う場合とになりかねません。
比較的やりやすいのは、同じ学校に通い、同学年で、指導科目が一緒で、理解力がそれほど変わらない2人です。
生徒と家庭教師が1対1で向き合うという生徒からするととても緊張する場面から、2対1という自分にだけ家庭教師の意識が集中されることなく、多少は緊張が緩和された状況になり、学習内容もスムーズに入りやすくなり、指導する側も面白いかもしれません。
そしてまた、2人の間にはいい意味でのライバル意識も芽生え、成績向上のきざしが早まるかもしれません。
しかし、もし2人の理解力のレベルが大幅に違っていると、困った状況におちいりやすくなります。
家庭教師は、理解力のある生徒は指導していても楽しく面白いので、そちらに偏りがちで、理解力の遅い生徒は後回しになるか、あるいはそのままの状態に放っておかれることになるかもしれません。
逆に理解力の遅い生徒に手を取られすぎていると、片方の生徒はただ問題を与えられて黙々と解いていくうちに時間が過ぎてしまうということになります。
次に、2人の学習科目が違ってくるとどうなるでしょう。
1人は数学の問題を解いているのに、もう1人は英語あるいは国語の音読をしている。
当然のことながら隣の音読する声が気になって、数学の思考回路が思うように動かなくなってしまいます。
家庭教師の方も、瞬時にそれぞれの学習科目に何度となく頭を切り替えていく必要がありますのでじっくりと指導しにくくなります。
2人同時に家庭教師をおこなう場合は十分に注意する必要があります。